MENU

#インターフェースデザインのお約束 は常に手元に置いておきたい一冊です

こんにちは!虎の穴ラボのいそえです。
今回はオライリー・ジャパンから11月に発刊された
『インターフェースデザインのお約束』を読んだので感想を書きます。
購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

f:id:toranoana-lab:20191205164243j:plain

本書について

2019年11月9日に発売されたデザインに役立つ101の指針がまとめられている本です。
さらに訳者が提案する8つのルールも追加されています。

  • Will Grant 著
  • 武舎 広幸、武舎 るみ 訳

詳細はオライリー公式サイトにてご確認ください www.oreilly.co.jp

きっかけ

この本を手にとったきっかけについてお話します。
私は業務でJavaとKotlinでサーバーサイドの設計・実装を行うことが多いです。
そのため、フロントエンド(特にUIやUXなどのデザイン関連)には少し苦手意識がありました。
そんなところにオライリー書籍の定期購読(福利厚生のひとつ!)でこちらの本が届いたので、興味を惹かれて手にとりました。
『お約束』を覚え、応用することが、UIやUXへの苦手意識をなくすヒントになると思ったからです。

感想

こちらの本はWebサイトやモバイルアプリだけでなく、車載UIやモバイルゲームにも応用可能な101のデザインルールをサンプルを交えながら解説しています。
1つのルールは1〜3ページで簡潔に説明されており、ポイントと言う形で要点をまとめています。
例えば、「023 ボタンは機能ごとにまとめ、選択しやすい大きさに」というルールでは

ポイント
・ボタンはクリック(タップ)しやすい大きさにせよ
・相互に関連するボタンは、その関係を明確にし移動を容易にするため適度に近づけろ
・「誤クリック」を防ぐため、ボタンとボタンの距離は適度に空けろ

といったように何をすべきかを簡潔に教えてくれます。

折角なので、私が気になったルールをいくつか取り上げたいと思います。
他にどんなルールがあるかは公式サイトに掲載されていますので気になった方はぜひ確認してみてください。

038 フォーム入力は極力容易にせよ

普段から意識している内容だったので、自分の考え方に自信を持つことができました。
これからもシンプルで分かりやすいフォームを心がけたいです。

069 ハンバーガーメニューなんて使うな

よく見かけるハンバーガーメニューはユーザの「見つけやすさ」が低下するなどのデメリットがあることについて、初めて知ることができました。

097「それ、モバイルでも動く?」はもはや過去の質問

普段PCのWebブラウザで開発していると観点として抜け落ちる事があるので、意識を変えるきっかけになりました。
手始めにこの記事の確認をスマートフォン向け表示で行うようにしました。

まとめ

『インターフェースデザインのお約束』では、101(+8)のデザインルールが示されています。
1つのルールが簡潔にまとまっているので、全てのルールに目を通すのにそれほど時間はかからないでしょう。
その後は、タイトル通り「手元に置いておく」ことで、設計や実装で迷った時の指針として、必要なルールを読み返すことができます。
この本の内容を参考にサンプルを作成してみるのも良いでしょう。

『インターフェースデザインのお約束』はWebサイトなどのデザインについて基礎を学び、応用への手助けをしてくれる一冊です。

告知

年内最後の採用説明会を12/17(火)に秋葉原で実施します。
Webエンジニアだけでなく、通販サイトのWebディレクター枠もありますので、ご興味のある方はご参加ください。

yumenosora.connpass.com

予定が合わないという方向けにカジュアル面談も実施しています。

news.toranoana.jp