RubyWorld Conference 2017にプラチナスポンサーとして出展しました

こんにちは、虎の穴開発室です。

11/1(水)から11/2(木)にかけて島根県松江市で行われたRubyWorld Conference 2017 *1 (以下、RWC)では、プラチナスポンサーとしてブースの出展と発表を行いました。本記事ではブースの様子や弊社の発表について紹介したいと思います。

虎の穴とRuby

Rubyは生産性が高く新規事業の開発に向いているなどの理由から、虎の穴開発室では新規Webサービスの開発にRubyを活用しています。今回のRWCではランチセッションにて「虎の穴とRuby」と題してRubyの活用やエンジニアの1日について発表しましたので、その内容をぜひご覧ください。

www.slideshare.net

ブースの様子

今回、虎の穴としてはエンジニア向けのイベントには初出展ということもあり、多くの参加者に訪問いただいて盛況でした。ブースの様子は弊社公式twitterにて公開しています。

福岡RubyKaigi02にも出展します!

虎の穴は今後もRubyをはじめとしてエンジニア向けのイベントやカンファレンスにスポンサーとして参加していく予定です。直近では11/25(土)に福岡で開かれる福岡RubyKaigi02にもとんこつスポンサーとして出展し、ポップな採用パンフレットやノベルティシールを配布する予定です。参加される方はぜひパンフレットをご一読いただき、シールもPCに貼っていただけると幸いです。


最後に、虎の穴ではRubyエンジニアをはじめとして一緒に働く仲間を絶賛募集中です。興味を持っていただけた方はぜひ弊社の採用情報をご覧下さい。

www.toranoana.jp

*1:RWCはRubyの聖地としておなじみの島根県松江市で2009年から毎年開催されており、Rubyに関するさまざまなトピックについて発表する会議です。